安衛則

 

労働安全衛生規則(抜粋)

労働安全衛生規則(抜粋)
 
 
第三章機械等並びに危険物及び有害物に関する規制
第一節  機械等に関する規制
(規格に適合した機械等の使用)
第二十七条
事業者は、法別表第二に掲げる機械等及び令第十三条第三項各号に掲げる機械等については、法第四十二条の厚生労働大臣が定める規格又は安全装置を具備したものでなければ、使用してはならない。
 
第九章 墜落、飛来崩壊等による危険の防止
第一節  墜落等による危険の防止
(作業床の設置等)
第五百十八条
事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法によ り作業床を設けなければならない。
  事業者は、前項の規定により作業床を設けることが困難なときは、防網を張り、労働者に要求性能墜落制止用器具を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。
 
(開口部等の囲い等)
第五百十九条
事業者は、高さが二メートル以上の作業床の端、開口部等で墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には、囲い、手すり、覆(おお)い等(以下この条において「囲い等」という。)を設けなければならない。
  事業者は、前項の規定により、囲い等を設けることが著しく困難なとき又は作業の必要上臨時に囲い等を取りはずすときは、防網を張り、労働者に要求性能墜落制止用器具を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。
 
第五百二十条
労働者は、第五百十八条第二項及び前条第二項の場合において、要求性能墜落制止用器具等の使用を命じられたときは、これを使用しなければならない。
 
(墜落制止用器具等の取付設備等)
第五百二十一条
事業者は、高さが二メートル以上の箇所で作業を行なう場合において、労働者に要求性能墜落制止用器具等を使用させるときは、要求性能墜落制止用器具等を安全に取り付けるための設備等を設けなければならない。
  事業者は、労働者に要求性能墜落制止用器具等を使用させるときは、要求性能墜落制止用器具等及びその取付け設備等の異常の有無について、随時点検しなければならない。
 
(昇降するための設備の設置等)
第五百二十六条
事業者は、高さ又は深さが一・五メートルをこえる箇所で作業を行なうときは当該作業に従事する労働者が安全に昇降するための設備等を設けなければならない。ただし、安全に昇降するための設備等を設けることが作業の性質上著しく困難なときは、この限りでない。
2 前項の作業に従事する労働者は、同項本文の規定により安全に昇降するための設備等が設けられたときは、当該設備等を使用しなければならない。

お問い合わせはお近くの下記営業所まで。

東京営業所

名古屋営業所

大阪営業所

 


当サイトはリンクフリーです 
リンクのご連絡は不要ですが、リンクはトップページへお願いします。
 

 


 ※PDFファイルをご覧いただくには、ADOBE READERが必要です。お持ちでないかたはこちらのバナーからダウンロードしてください。

 

 
<<ポリマーギヤ株式会社>> 〒521-0002 滋賀県米原市上多良60 TEL:0749-52-2881 FAX:0749-52-3152