お問い合わせはお近くの下記営業所まで。

東京営業所

名古屋営業所
大阪営業所
 


当サイトはリンクフリーです 
リンクのご連絡は不要ですが、リンクはトップページへお願いします。
 

 


 ※PDFファイルをご覧いただくには、ADOBE READERが必要です。お持ちでないかたはこちらのバナーからダウンロードしてください。


 
 

安全帯の使い方・取扱説明書

   
安全帯は誤った使い方をするとその性能を発揮することができず、最悪の場合死亡に至ることがあります。

安全な作業のために次の「正しい使い方のポイント」や製品に添付の「取扱説明書」をよくお読みになって、その内容をよくご理解いただいたうえでご使用ください。
 

※2丁掛け安全帯の組み合せ

※2丁掛け安全帯の組み合せ
 
「2丁掛け安全帯(移動時の墜落を防止するためランヤードを2本取り付けた安全帯)」とするために2本目のランヤード(補助ランヤード)を追加して取り付けられる際、誤った組み合せとなっているケースがありますのでご注意ください。
「2丁掛け安全帯」が必要なときは下記の組み合せに従ってランヤードをご購入いただくか、または「2丁掛け安全帯」として新規にご購入ください。

ご注意下さい
・メーカーの異なる安全帯とランヤードを組み合せて「2丁掛け安全帯」としてはいけません。
・「U字吊り」ができる構造となるようなランヤード(例:通常タイプのD環付の取替用ランヤードなど)を取り付けて「2丁掛け安全帯」としてはいけません。

ご不明な点はお近くの弊社各営業所までお問い合わせください。
   

安全帯の種類と取り付けできるランヤード
   
     ↓           ↓          ↓

   

    取 付 禁 止    
 
←通常タイプのD環(赤丸部分)付ランヤードは、どのタイプの安全帯にも「2丁掛け安全帯」とするために追加して取り付けてはいけません
※左写真のフック・ロープは一例
   
 
 PDFファイルで見る(別ウィンドウで開く)
 
 

正しい使い方のポイント

正しい使い方のポイント
 
▼ポイント
胴ベルトは腰骨のところに正しくしっかりと締める。
 
▼ポイント②▼
ベルトはバックルに正しく通す。
 
▼ポイント③▼
リールまたはD環の位置は、体の真横から後ろ側になるように装着する。
 
▼ポイント④▼
フックは収納袋またはフックハンガーに正しく収納する。
 
▼ポイント⑤
フックはD環より高い位置に取り付ける。
 
▼ポイント⑥▼
ロープを鋭い角に触れさせない。
 
▼ポイント⑦▼
墜落によって「振り子にならない」また「滑らない」場所にフックをかける。
 
▼ポイント⑧▼
一度でも大きな力が加わったものは使用しない。

▼ポイント⑨▼
親綱の1スパンの使用者は必ず1名とする。

▼ポイント⑩▼
改造・分解はしないで下さい。
ベルトとランヤードの組み合せは、必ず同一メーカーの部品を使用する。
 

取扱説明書 ダウンロード(PDFファイルを別ウィンドウで開く)

取扱説明書 ダウンロード(PDFファイルを別ウィンドウで開く)
 
<<ポリマーギヤ株式会社>> 〒521-0002 滋賀県米原市上多良60 TEL:0749-52-2881 FAX:0749-52-3152